社会の独房から

映画やゲーム、漫画など。

ゲーム

『メイドインアビス 闇を目指した連星』レビュー。アビスの地獄さを利用したマゾゲー

理不尽でストレスフルなゲームバランスが「まぁ原作通りかぁ」となるから企画の勝利だよ プラットフォーム PS4・switch・STEAM ジャンル 度し難いアクションRPG 発売日 PS4・switch 2022年9月1日 STEAM 2022年9月3日 価格 7200円+税 プレイ人数 1人 クリア…

『Ghostwire: Tokyo』レビュー。井上和彦に軽口叩かれながら行く渋谷オカルト探索

ホラーゲームじゃない!ツンデレおっさん(CV井上和彦)とバディを組む王道少年漫画的アクションゲーム いや、そんな事言いつつ、口裂け女みたいな化物おるやん……怖っ……と思うかもしれない。 確かにバイオハザードシリーズの原作者である、三上真司*1によっ…

『エルデンリング』レビュー。ソウルシリーズはこうあるべきを捨てるとゲーム初心者にもオススメ

フロム宮崎社長「『ELDEN RING』では、ゲームの難易度を意図的に下げるというアプローチは取っていませんが、今回はより多くのプレイヤーにクリアしてもらえると思います。」僕「ほーん、僕でもクリアできるかな」実際にやる↓僕「最初のボスのマルギットに4…

絶対に不幸せになる病み系配信者VS絶対に幸せにしたい僕。『NEEDY GIRL OVERDOSE』ネタバレ攻略感想。

愛は祈りだ。僕は祈る。僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降…

下卑た快感を味わうローグライトタワーディフェンス『デュエルプリンセス』感想レビュー

ちょっとエッチなゲームを買う時にTwitterで「手が滑って購入ボタン押しちゃった」や「紳士的ゲーム買った」など冗談言いながら、あるいは己自身と他人を誤魔化しながら購入報告をするのではなく、断固たる決意を持って購入ボタンを押し、えっちなゲームを買…

PS4/Switch『Angry Alligator ワニワニ大冒険』レビュー。ワニファーストのゲーム

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 昨年の干支は鰐でしたが、ワニ作者の『鬼滅の刃』遊郭編が始まったり、『100日後に死ぬワニ』が公開されたり、まさしく2021年は鰐の年と言えるでしょう。 そんな縁なのか、近所のゲーム…

『こちら、母なる星より』感想レビュー。前作の虚無なゲーム性がなくなり、虚無が増す

前作の『じんるいのみなさまへ』がファミ通のクロスレビューでオール6点という実質0点を叩き出したりしてゲーム界を震撼させたのは記憶に新しい。 確かに『じんるいのみなさまへ』はお世辞にも出来の良いゲームだったとは言えない。 一目で予算がないとわか…

ネタバレあり『Tales of ARISE(テイルズオブアライズ)』感想。オレンジグミの大切さを知るRPG

「んほぉ〜この声優たまんねぇ〜」という『テイルズオブゼスティリア』馬場Pが制作現場でこのようなやり取りを行ったのではないかという妄想がコピペ化し、広大なネットの海に放流されたり、 『テイルズ オブ ベルセリア』から5年間、新作CS向けテイルズオブ…

『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み〜おわらない七日間の旅〜 』感想。『オラ夏』は実質『ぼくなつ』ではない。

夏が嫌いだ。 人を確実に殺しにくる温度。 玄関開けてむわぁって来る湿度の高さと熱気、それだけで出かける気が失せる。 朝のニュースで「今日は比較的過ごしやすい日ですね!」なんて言われた日でも汗だくである。 暑さに強い人の体質ってどうなってるの!…

震天裂空斬光旋風滅砕神罰割殺撃症候群のあなたへ。『スカーレットネクサス』感想。

「種族、国同士の争いから終盤世界滅亡の危機に」「軽いノリな奴ほど抱えてる事情が重い」「敵に一度は捕まるが脱獄する」「ボス『この世界は失敗だ』主人公『それでも必死に生きている人がいるんだ!!!』という問答」「主人公と仲が良いNPCは悲惨な死を遂…

ネタバレ『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』ユフィ編感想と考察

スクエニは最後の一滴まで魔晄を吸い出し続ける神羅カンパニーの如くFF7を搾り続ける気なのかもしれない(あいさつ) リメイクなのに分割で物議を生んだ『ファイナルファンタジーVII リメイク』 『月姫』もリメイクは分割らしいので、リメイク版分割が流行っ…

『バイオミュータント』感想。この世の終わりのようなローカライズとケモノ系オープンワールドの楽しさ

「なんで現実で嫌という程人類と関わっているのにゲームの世界でもホモサピエンスを操作して人類と関わらないとダメなんだ…?滅びろ人類」と常日頃思っていた僕には待望の人類が登場しないケモノ系オープンワールドアクションRPG『バイオミュータント』 「ケ…

100回死んだババア。PS5『Returnal(リターナル)』感想

100回も しんだ ババアが いました。 100回も しんで 100回も 生きたのです。 りっぱな ババアでした。 ぼくは ババアが しぬたびに 「二度とやらんわこんなクソゲー」といって 持っていたコントローラーをぶん投げました。 おしまい。 という訳で2021年4月3…

『New ポケモンスナップ』感想レビュー。捕食されるポケモンたち。

ポケモンスナップの1番の魅力を聞かれたら、僕は「野生ポケモンの生態系を見れるから」と答えるだろう。 本家ポケモンシリーズでは基本的に捕獲した後のポケモンとトレーナーの交流がメインである。 例えば最新作のソードシールドであったポケモンキャンプ…

『FANTASIAN(ファンタジアン)』感想「さようなら、全てのテラバトル」

FFシリーズの生みの親である坂口博信が本気で挑んだスマートフォン向けRPG『テラバトル』の熱狂を未だに忘れられない。 パスドラや白猫の人気が少し落ち着いた2014年の10月9日にサービス開始され、ダウンロードスターターというDL数によって著名人が参加した…

『バランワンダーワールド』感想。独特な世界観とPS2時代を思い出すゲーム性。

日本のゲーム会社最大手の一つであるスクウェア・エニックス、ゲームディレクターに「ソニック」の生みの親である中裕司氏、キャラクターデザインは『ナイツ』などで知られる大島直人氏という豪華メンバーが手を組んだ『バランワンダーワールド』 ただ、本作…

ゲロゲロに酔いながらバイオ7をクリアした話

三半規管クソザコオスオトナなのでゲームは好きだけどすぐに酔ってしまう。 頭の奥の鈍い痛み。胃の不快感。止まらない吐き気。一日が体調不良で終わる絶望感。ゲロゲロである。 「3D酔い」というのは文字どおり、3Dゲームを遊ぶことで、頭痛や吐き気といっ…

PS5『Demon's Souls(デモンズソウル)』感想レビュー。敵に勝てなくて泣きながら尻に目覚めた話。

ソウルシリーズってやり始めるまでが結構悩むというか、「社会人の大切で短く儚い余暇を死にゲーという勝てない敵に一日中悩んで、ストレスでハゲそうになりながらも進歩すらなく悶々としている間に一日が終わってしまうあの日常に戻る覚悟があるのか」と自…

念願のPS5を買えた話

「11月18日組」という名を聞いたことあるだろうか。 これはPS5をAmazonで購入出来た記念日でありながら、後日 お客様にご注文いただきました以下の商品について、お届けが来年以降になることが判明いたしました。お客様に大変ご迷惑をおかけしておりますこと…

【PS4&PS5】2020年12月発売予定で期待のゲームソフト【Nintendo Switch】

今年はコロナ禍の影響で今まで以上に引きこもる事が増え、新しい刺激に触れあう事が少なかったせいか、例年以上に1年が終わるスピードが速かった気がする。 まじで何もしていない。出来てない。 今年はなかったことにして、来年が2020年ってことにしません…

【KHMoM】『キングダムハーツメロディオブメモリー』感想【キンハーの音ゲーレビューと考察】

この世には壊滅的なまでにリズム感と音感がない人がいる。 ドの音とか言われても「?」だし、自分が今どの音を出しているのかなんて全然分からない。 リズムの表と裏の概念が理解できない。 そういう人は他人と「音」を楽しむ事に恐怖を感じ、やり過ごす技術…

【PS4&PS5】2020年11月発売予定で期待のゲームソフト【Nintendo Switch】

11月は細けー事考えず『サイバーパンク2077』買えば良いんだよ!!って思っていたら、まさかの12月10日へ発売延期。 残念だけど、より良いモノを作ってくれるなら仕方ない。ただ、地味にサイバーパンクの為にとっていた有給どうしよう。朝から酒飲むか。 と…

【PS4】2020年10月発売予定で期待のゲームソフト【Nintendo Switch】

FF14に熱中し過ぎて、最新のゲームソフトに興味すら持てなくなってきているのが流石にヤバいなと危機感を覚えた。 そこで、自分自身の情報収集と整理も兼ねて、2020年10月のゲームソフトの中で独断と偏見によるオススメを選んだので紹介していきたい。…

FF14「新生エオルゼア編」感想。オンライン要素は怖くないし、独りでも楽しめる

私は MMORPGを遊んだことがない。 なぜなら「怖い」からだ。 「初心者だから」という言い訳が通用せず、初めて行くダンジョンでも「知らなかった」は禁句。 あらかじめ予習をして、脳内ゲームで練習した上で、初めてダンジョンに挑戦できるイメージが…

『ゴースト・オブ・ツシマ』感想レビュー。誉れ高き最高の和風オープンワールド

あなたはドラマ『暴れん坊将軍』「江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」の回をご存じだろうか。 『暴れん坊将軍』とは松平健演じる徳川吉宗が貧乏旗本の三男坊・徳田新之助に扮し、江戸城下民と交流し世に蔓延る悪を討つ、という勧善懲悪時代劇である。 基本…

【ネタバレ】『The Last of Us Part II』感想。ラスアス2をポリコレポリコレと言うあなたへ

『The Last of Us Part II』(以下『ラスアス2』)クリアした。プレイ時間約33時間の大ボリュームだった。 『ラスアス2』とは前作が2013年に発売され、圧倒的人気で累計売上本数が全世界で1700万本以上を記録し、ゲーム史上最多となる231以上のメディアで…

『ダークソウル3』感想日記。死んで死んで死んでコントローラー投げて

『ソウル』シリーズと言えばフロムソフトウェアの看板タイトルにして、国内外からの評価も高い『ダークソウル』(『デモンズソウル』『ブラッドボーン』『SEKIRO』)ダークな世界を舞台としたアクションRPG及びアクションアドベンチャーであり、「フロムのゲ…

PS5のソフト、君はどれは買う?僕はこれ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2020年6月12日、今年後半に発売を予定している次世代ゲーム機「PlayStation 5」の本体デザインとゲームソフトを『PS5 - THE FUTURE OF GAMING SHOW』で発表しましたね。 日本時間の朝5時開始で、ソニーから「…

【ネタバレあり感想】『The Last of Us(ラストオブアス)』とかいう奇怪なゲームについて

2013年に発売された『The Last of Us(ラストオブアス)』は累計売上本数が全世界で1700万本以上を記録。 また、ゲーム史上最多となる、231以上のメディアで「GOTY(ゲームオブザイヤー)」を受賞した紛れもなく歴史に「名作」として名を残すゲームである。 …

『ボク姫PROJECT』レビュー。男性は女装男子が好き

男性諸君、恥ずかしがらずに本音で向き合って欲しい事がある。 性的欲求を満足させるために製作された映像作品を見ていて、主演の女優ではなく、男優の方の立派なペニスに目が行く事があるだろうか。 私はあるし、あなたもきっとあるだろう。 安心して欲しい…