社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

映画レビュー

リア充映画を波で超えたモノ。映画『きみと、波にのれたら』感想。

リア充とアニメの相性って悪くね? そんな私の考えをぶっ壊すこの映画『きみと、波にのれたら』 正直お話の大筋は予告が全てで、非常に真っ直ぐな作りになっているし、湯浅監督の過去作のような独特な臭みは完全に波に流されており、良くも悪くも非常に綺麗…

無能イケメン筋肉とエイリアンの化学反応。映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』感想

「知ってる? スティーヴン・スピルバーグもシルヴェスター・スタローンもデニス・ロッドマンもみんな地球人じゃなくエイリアンらしいよ」 そんな無茶苦茶で愛おしい世界観の構築に成功し、大ヒットシリーズとなった『メン・イン・ブラック』シリーズ。 私も…

【2001年宇宙の旅を原液のまま一気飲み】映画『海獣の子供』感想

大昔に『2001年宇宙の旅』という名作SF映画があったのですが、これがまた中々難解な内容と素晴らしい映像美の映画で、後生の作品に多大な影響を与えた。 この『海獣の子供』は『2001年宇宙の旅』をこの令和の時代に全く薄める事をせず原液のままで…

死ぬ前にゴジラに踏まれたい。映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想。怪獣賛歌と狂人ドラマ

私が映画館で初めて観た映画は『ゴジラVSキングギドラ』だった。 それ以来、私は平成ゴジラシリーズ(VSシリーズ)と共に育ったと言っても過言ではない。 そんな私はゴジラに憧れ、「ぎゃおぉーーん、ぐぁおん!」と文字にするのが非常に難しいゴジラの鳴き…

映画『貞子』感想。日本が誇るホラーアイコンの終わりと棒読みババァ

1998年、邦画界においてホラージャンルに新たなムーブメントを巻き起こす作品が現れた。日本の原点たる怪談にも似たテイストを備えながら、ジメジメと陰湿で寄り添うような恐怖が日本中へとヒットの輪が広がった、中田秀夫監督の『リング』だ。 “見た者は1週…

ゴジラの永遠の好敵手、キングギドラの歴史と戦績を振り返る

キングギドラ、それはゴジラの永遠のライバルにして、金星にあった高度な文明を3日間で滅ぼす程の宇宙怪獣だったり、メカ化したり、高次元怪獣になったり、様々な変化を伴いながらゴジラを苦しめてきた最大の敵とも言える。ゴジラのライバルと言えばギドラと…

【ドラマ版スカッとジャパン】映画『コンフィデンスマンjp』感想【ネタバレなし】

映画観客上級者である私は予告で長澤まさみさんが「みんなまんまと騙されたでしょ~」と思いっきり笑顔で言ってるもんだから観る前からこれ敵の思惑通りに見えて実は最後の最後に長澤まさみさんがすべて私の計画通り~と言ってどんでん返しがあるんだろうな…

ポケモン初代世代直撃の映画『名探偵ピカチュウ』感想。それはまるで夢のような

初報の時は全体的に「気持ち悪い」や「怖い」などの声が大きかったけど、公開前に映画『ソニック・ザ・ムービー』という本物の奴の予告が発表され「なにこれ80年代の作品?」「本当に気持ち悪い」「こういう所セガ」「任天堂と比べてセガは」と酷評された…

FF15イズムなロードムービー『バースデー ワンダーランド』感想

『アベンジャーズエンドゲーム』と公開日が被ってしまったため、恐ろしく空気なアニメ映画『バースデー ワンダーランド』 監督は『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』や『河童のクゥと夏休み』などの色々な作品を世に送り出してきた原恵一監督。キャラク…

夢の終わり、人生の始まり『アベンジャーズ/ エンドゲーム』感想

遂に『エンドゲーム』を鑑賞してしまいました。昨年の2018年で、MCUは10周年。11年目に到達したこの2019年、『アベンジャーズ』シリーズの一旦の「完結」を迎える本作 それはただの終わりではない。前人未到の、もはや『アイアンマン』から続く「最も成功し…

令和でも続く家族のカタチ『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』感想

平成最後のクレヨンしんちゃん映画に、昭和と平成を扱った『オトナ帝国』を下敷きにして、令和、そしてそこから先の時代でも変わらない家族の絆を描いていくぞという意気込みを感じる傑作映画『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし…

ホラー色を吹き飛ばす我らがヒーロー!映画『シャザム』感想

マークストロングも博士って呼ばれてたし劣等感をバネに頑張ったんだろうけど、父と兄は髪の毛ふっさふさなのに自分だけ禿げ上がってるし…そりゃ嫉妬もするし闇落ちもするよねって話の映画『シャザム』の感想を書いていきます。 作品のカラーを変えるシャザ…

最後の最後で全てがひっくり返る劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』感想

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が4月12日公開されました。シリーズ第23作にあたる本作は、怪盗キッドものにして、京極真が劇場版に初出演しています。キャッチコピーは「真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー」。舞台を…

【レゴはレリゴーを超える】映画『レゴムービー2』感想

「自分らしく私らしく与えられた役割からの脱却」所謂レリゴー思想というのが存在する。 それは『シュガーラッシュオンライン』などのディズニーアニメでよくテーマにされる題材で今の時代のニーズに合っており、圧倒的「正しさ」がそこにはある。 そう「正…

映画『アリータ:バトル・エンジェル』感想!悲劇のヒロインは二度死ぬ

主人公が女性の場合、そんな主役に言い寄ってくる男性役にムカツク事ってありませんか?私はある。 特に戦闘員というわけではなく、本編中は基本的に主役の足を引っ張るような存在が、何だかんだ要所要所に輝くシーンがあり、そんな男に女主人公も段々と好意…

【スチームパンク版ハイロー】『移動都市/モータル・エンジン』感想【ロマンの塊】

「何もかも飲み込み大きなキャタピラで走るロンドンの大聖堂から伸びる古代兵器の圧倒的破壊力」や「マッドマックスな世界に突如現れるやたら強いリーゼントヤクザ女」、「FF12とマッドマックスとトランプ政権が融合したスチームパンクな世界観」「スチーム…

実写映画『BLEACH/ブリーチ』感想

MIYAVIの鼻の穴が気になって物語に集中できないんじゃーないんだよ。 まさか、公開前に炎上していた杉咲花さんの朽木ルキアは意外と良かったのにMIYAVIさん演じる白哉が傲慢で偉そうな感じを出したかったためか、常に顔反らし気味だったせいで鼻の穴が…

パペット大捜査線じゃないよ、大騒査線 だよ。映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』ネタバレ感想。(ザ・下品)

下品。本当にPG12なのが信じられない程fu○kとクスリと砂糖に支配された『パペット大騒査線 追憶の紫影』 ちなみにPG12というのは「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」だと言う意味です。この映画をみると親は一緒に見た子供にど…

【終わらないもっこり、終わった昭和】アニメ映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』感想

冒頭の世界一色っぽい「もっこり」一体なに?とイキナリ予想外の感情の揺さぶられ方をしたこの作品。そう、『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』である。今作の感想など書いていく。 シティーハンターとは あらすじなど 昭和な空気と最新…

【10年ぶりの同窓会】映画『コードギアス 復活のルルーシュ』感想

私が最初に『コードギアス 復活のルルーシュ』の初報を聞いた時は正直、谷口監督、ついに気が狂ったのかと驚いた。なぜならコードギアスはルルーシュが全ての悪意を一身に引き受けて死ぬという圧倒的な綺麗な終わり方で幕を下ろしており、続編ならまだしても…

【池井戸潤版スマブラ】映画『七つの会議』感想

映画『七つの会議』観ました。エンタメ企業ムービーとして大変良かったので、感想など書いていきたいと思います。 映画『七つの会議』とは 参戦ファイター紹介 あらすじ 総評 映画『七つの会議』とは 2019年2月1日、池井戸潤の小説『七つの会議』を野…

【学園青春ゾンビアイドル映画の金字塔】実写映画『がっこうぐらし!』感想

実写映画化決定で炎上し、ポスターで炎上し、最後にキャベツで炎上し、今ネットで一番ホットな作品、実写映画『がっこうぐらし!』を今回取り上げる。 正直、上映前から原作派、アニメ派、実写映画絶対反対派とそういう層が嫌い(マウント取りたい)層での激…

【ネタバレあり】『ミスターガラス』感想【僕らが憧れたあの無敵のヒーローは今】

『アンブレイカブル』、『スプリット』と続くシャマランユニバースの一作である、『ミスターガラス』を観て、とても楽しめし、傑作だと思うのですが、一つだけ、デヴィッド・ダンの扱いだけ引っかかるものがあったのでそれを主にして作品の感想書いていこう…