社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

【実体験】賃貸情報での光ファイバー、高速ネットは信用するな【引っ越し】

引越し先のネットスピードが遅く、スプラトゥーン2などのネットワークを利用するゲームプレイする時や、高画質動画を見る時にイライラして賃貸選びを失敗を痛感してしまう事はここ最近の引越し体験としてよく聞きます。どうしてこのような事になるのでしょうか。

初めての一人暮らしなど、引越しの時は分からない事が多いので、SUMOなどの賃貸サイトや、不動産屋の人の情報をついつい信用しがちです。

ただ彼らは嘘は言いませんが、本当の事を言わない事や、そもそもネットに関しての知識があまりない事が多々あります。

頼れるのは自分とフレッツ光の工事担当者だけという事を認識する必要があります。

ここからは引越しにおいて、なぜネット関係の失敗が多いのかその原因と、対策を書いていきたいと思います。

f:id:Shachiku:20191029161436j:image

ネットの遅さの原因

SUMOなどの賃貸サイトを見る時に「光ファイバー」や「高速ネット回線」が特徴として書かれる事かありますが、それを鵜呑みにしてはいけません。何故ならフレッツ光のマンションタイプには、大きく分けて光配線方式とVDSL方式、LAN方式の3種類があるからです。

そしてネットが遅い理由の殆どはVDSL方式を採用しているマンションが原因です。VDSL方式では最大値で何と100mbpsしか出ません。

メールやネットサーフィン程度であれば問題ありませんが、それ以上を求めると辛いです。

ここでは VDSL方式と光配線方式、LAN方式についてそれぞれ書いていきます。

 VDSL方式

マンションタイプVDSL方式は、電柱からマンションなどの共有スペースまで光ファイバー光回線を1本引き込んでいます。

そしてマンション内の共用スペース(MDF)にマンションラックと呼ばれる各部屋へ信号を分岐する機器を設置しています。

f:id:Shachiku:20191029141810p:image

集合住宅の導入工事と配線方式について

 

そしてそこから先の各部屋までは、もともとある電話線(メタルケーブル)に光の信号を流しています。

この電話線を利用していることから、速度が遅くなってしまうんですね。

つまり光回線光ファイバー)なのに、途中からはADSLと同様に電話回線を利用するという事です。

詳しくない人など、VDSL方式とADSL回線と混同する人がいます。その理由は名前が似ていることや、通信経路に電話回線が利用されていることが大きな理由です。

 光配線方式

次に光配線方式ですが、通信時に利用する配線は全て「光ファイバーケーブル」のみ。通信基地局から自宅の部屋まで全て光ファイバーケーブルなので、VDSL方式のように速度が低下することなく、最大1Gbps~の高速通信を提供する事ができます。安心してネットゲームするならこの回線は必須とも言えます

 LAN方式

そして最後はLAN方式ですが、こちらは光ファイバーとLANケーブルを併用して通信する方式です。主にマンションやアパートで採用されていますが、光配線やVDSLと比べると採用されているケースは少ないです。というかほぼないです。

 

VDSL方式と光配線は自分では選べない。

どうせなら同じマンションタイプでも、速度が速い光配線方式を選びたいと思うでしょう。

けれど残念ながらマンションタイプの『VDSL方式』と『光配線方式』は、自分で選ぶことができません。しかも毎月払う使用料はほぼ同じです。スピードは全然違うのに…

もともと建物に入っている設備になるので、指定された設備を利用するしかないんですよね。

なのでどうしても光配線方式がいいと思うのであれば、引越しの時点で導入されている設備を確認して建物を選ぶしかありません。残念ながら、基本的に大家さんに掛け合っても光回線への工事までしてくれる所は殆どありません。

 

対策

VDSL方式か光配線方式かマンションを決める前に確認しましょう。

と言っても不動産屋も大家や管理会社もそこまで把握してないのが実情です。私も不動産屋に聞いた時に、ハッキリと「分からない」と言われました。分からないってなんだ。こんな怒りを持ってしまうので自分で調べるのが一番です。フレッツ光のサービスで、エリア検索というページがあります。

西日本

https://flets-w.com/area/

東日本

https://flets.com/app2/search_c.html

ここから気になっているマンションの住所を入れましょう。

そしてf:id:Shachiku:20191029150233j:image

これが表示された場合は残念ながらその物件は遅い奴です。

私はSUMOで物件を見ながら気になった奴をここでVDSLチェックして候補を絞りました。やはり築年数が経っており安めのマンションはVDSL方式の割合はかなり高いです。ネットの遅さを気にする人は後からwimaxに契約するぐらいなら初めに光回線方式の少しお高いマンションを借りた方が良いかもしれません。

 

別の選択肢

最近ではポケットwifi含めて様々なサービスが増えてます。

NURO光

NURO光は下り速度が2Gbpsの超高速回線で、加入できさえすれば必ず光配線方式になるんです!つまり、戸立て・集合住宅を問わずに光配線方式を利用できるんです。

ただし、対象エリアが都市部中心のために全国すべてでNURO光に加入できるわけではない点には注意です。NURO光の公式サイトで自宅住所を入力すると、対象エリアかどうかを確認できます。

 

WiMAX

遊ぶだけならWiMAXでも問題ありませんが、無制限と書いてありながら3日間で10GB使用で通信制限かかるのが多いです。例えば『モンスターハンター:ワールド』をDLする場合、50GBほどと莫大なのでwimaxでは対応出来ません。母艦としてのwimaxは基本的に難しいです。

 

ソフトバンクエアー

こちらはソフトバンクから提供している固定用のwifiです。こちらも工事要らずで高速です。wimaxとは違い完全に無制限なので良いと思いきや、ネットの評判はあまりよろしくなく、遅いと言われることが多いです。ここら辺は環境などにもよりますので、一度試してみるしかありません。

 

 

最後に

いかがでしたか(一度言ってみたかった)

初めての引っ越しは分からないことだらけで色々なことが有耶無耶になってしまうことはよくあります。ただ、一度契約したら最低でも一年程度は住む事になるのが賃貸です。

借りてから後悔しないよう、焦らず自分の中で優先順位を決めて、お金と相談しながら決めていくのが大事です。頑張って。