社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

オンライン飲み会の断り方が難しくて嫌になる

世の中にはアル中が多すぎる。

「コロナ禍」で三密が問題となり、歓送迎会含めた飲み会が中止になっている職場や大学は多いと思う。正直、僕はお酒が好きではないし、飲み会とかも嫌いなので今の状況は不謹慎ながら助かった側面もある。

ただ、ただである。

そこまでして人と酒が飲みたいか?

という種類の人は常に存在する。

 

「オンライン飲み会」

という文字列を見た時は正気を疑ってしまった。

「オンライン」と「飲み」と「会」である

1つ1つの単語自体は別に差別用語や不謹慎、下ネタでも何でもないが、ここまで交わってはいけない文字列は中々ない。少し前に話題になった下ネタの塊である「おねロリキメセク天皇」を完全に超えている。

 

オンライン飲み会は自宅から参加できることが魅力だが、それ故に断る理由が難しい。

そもそも自宅という完全プライベートな空間と時間を侵食されるなんて、本当に辛い。

僕も断り切れなくて何回か参加した事があるが、最悪である。

普通の飲み会と違って終わり時間が自由なのでグダグダになるし、終わり時間決めていてもグダグダになる。こんな時にリーダーシップ発揮しないのでいつ発揮するんだ!っていう上司は多い。

 

 

普通の飲み会なら「ちょっと他の予定があって」「やらなくちゃいけない仕事があって」「明日朝早いもので」「体調が悪くて」などと断る事が出来るが、この緊急事態宣言の中、「家にいるのになんで参加できないんだ」と言われると断り辛い。

「お前と飲みたくないんだよバーカ!」と言えたら良いが、社会的立場や地位があるため言えない。

 

特に在宅勤務で仕事中にZoomやTeamsを利用している人は、参加できる環境が整っていることが周知されてしまうため、ますます断り辛い。

そうでなくてもLINE、Skypeといった手段もある。

人を便利にするために作られたツールが逆に人を追い詰める。産業革命時、機械の打ちこわし運動をしていた人達の気持ちがよく分かる。我々もインターネット打ちこわし運動をする時なのかもしれない。

 

オンライン飲み会は開催する日時や時間も自由に調整が可能なので、「時間が合わないから」と断っても「外からスマホで顔だけでも出してよ」とか「予定終わってから参加してよ。何時に終わるの?」とか言われる。「お前の飲み会が終わったら予定が終わるよ」とは言えない。

 

これは完全に偏見だがオンライン飲み会に誘ってくる人って「お酒苦手です」って言っても「飲み会って言ってもアルコール必須じゃないよ。ジュースでOK」とまるで無問題のように答えるが、わざわざネット使ってまで人と会話したくないねん。こっちは陰キャの皮を被ったウェイ系でもなくて完全な陰キャやねん。陰キャ。会話が苦痛。

 

「体調が悪くて」と断る事も出来るが、この新型コロナウイルス感染症の拡大の中、嘘でも体調が悪いと言ってしまうと、そのまま上司に耳に入ってしまい、滅茶苦茶面倒な事になる未来しかみえない。リターンが少なくリスクが大きい嘘はやめていた方がいい。

 

 

また「化粧が面倒」と言っても、「顔隠せるよ」と言われたり、「家が片付いていない」と言っても、「背景をバーチャルに出来るよ」「背景ぼかせれるよ」と言われる。「カメラがない」と言っても「スマホ持ってるやん」と返答される。

 

便利過ぎる。

便利になって失ったモノという自己啓発本を読みたくなる。

 

そんな難易度が高いオンライン飲み会の断り方を書いていきたい。

f:id:Shachiku:20200419152204j:image

 

家族を理由に断る

王道中の王道である。

オンライン飲み会でなくても飲み会はこれを理由で断っている人も多い。

オンライン飲み会だと

「1人の部屋がないので。」が強い。

大概「子供が~」と言えば仕方ない雰囲気になる。

僕もいつか「子供が~」って言って断りたいだけの人生だった。

 

親と同居している人も同じような理由で断る事が出来そうなものだが、世の中は「子供部屋おじさん」には風当たりがきついという頭狂った風潮があるので、誘ってくる人によっては断れないかもしれない。辞表を出そう。

 

ただ、今まで週四とかで飲みに行っていた人がオンライン飲み会になると急に断るのは「あっ、この人今まで家に帰りたくないから飲み会行っていただけなんだな」と邪推されるので注意が必要だ。

 

住環境を理由に断る

壁が薄く話し声が近所迷惑になる。

自宅ならではの断り方だ。

ただ、「休日の昼間ならどう?」と言われる可能性もある。「アル中じゃないんだから昼間から酒は飲めない」と断るか、辞表を出そう。

 

 

家にWi-Fi環境がない

「家にWi-Fi環境がない」はこの令和の時代、自宅にテレビや電話がないよりも心配されるのであんまりオススメ出来ない。これからの在宅勤務にも影響を及ぼしそうだ。

「家のWi-Fiの調子が悪い」はアリだが、自宅勤務の人で昼間はバリバリPCで仕事していると疑われるかもしれない。マンションに住んでいるなら「夜や休日はネット回線が恐ろしく遅い」はイケる。辞表は出さなくて良い。

 

オンライン飲み会の予定が被っている

今、流行しているオンライン飲み会なので当然予定が被る事もあるだろう。

ただ、一回、二回ぐらいならいいが毎回被ると流石に疑われるので気を付けよう。

また、陽キャラな上司だと知らないオンライン飲み会でも参加したいと言い出すかもしれない。その時は辞表を出そう。

 

最後に

新しい事をしたがる人は多い。

「Zoom飲み会」とか「オンライン飲み会」が流行っているとテレビなので紹介されるとやりたくなる気持ちは分からなくはない。

誘ってくる相手もミーハー心で動いていたり、在宅に引きこもり過ぎて寂しいだけかもしれないので、相手側の気持ちも考えて優しく正直に断るのが一番だ。

あいつはオンライン飲み会誘っても断る人と思われるのが、何だかんだ楽になる。

 

 

 

色々と偉そう事言っていますが、飲み会に参加しないと僕の悪口大会になるのではと心配になってついつい参加してしまうのが現状です。

世の中には人の悪口が大好きなアル中が多すぎる。

そうだ、仕事辞めようと思ってもこれからの景気の事考えると出せない辞表、終わった人生、沸き上がるストレス、抜ける髪の毛、止まらない飲酒。どうせ飲むなら今度はあの人とオンライン飲みして上司の悪口言い合おう。

ここから始まる「くそオンラインやけ酒スパイラル」

君の勇気で抜け出そう