社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

FF14プレイ日記。幻タイタン挑戦と「旬」が過ぎたコンテンツについて

「落ちる」

FF14を始めたばかりの多くのヒカセンが「生き返れないの!?」と落下死にトラウマを植え付け、以後のボス戦でも落下死だけはしないよう気を付けてたのに普通に蘇生出来て「生き返るんかーい」ってなる例のボス。

タイタン。

f:id:Shachiku:20210117185316j:image


そもそもブラックホールとか喰らっても蘇生可の世界観なのに落下死したら生き返れないってどういう理屈なんだ。

「領域展開」は相手を閉じ込める事に特化しているから外から入りやすいという特徴があるけど、これはその逆。つまりこのフィールド自体がタイタンによる「反転領域」であり、一度戦闘が始まると「出やすく、入れない」それ自体がタイタンの能力かもしれない。

このタイタン、印象に残るボス戦投票があれば少なくとも10位以内は手堅い。5位以内もありうると思っていますが、皆さんはどうですか?

 

そんなタイタンだが、これでもインフレが進んでいる今では実装当時ほど苦戦しなくなったらしい。そこで吉田直樹は考えた。

 

「実装当時のような緊張感で極蛮神戦を楽しんでもらおう!」

 

そこで生まれたが高難度コンテンツである「幻蛮神討滅戦」

f:id:Shachiku:20210117183332j:plain

僕も先日ようやく高難度コンテンツに挑戦し始めた所である。

 


エデン再生編零式は動画を見て諦めた僕だったが、高難度コンテンツも挑戦したいという想いは強く、今回幻タイタンに挑んだ。

しかし、この幻タイタン挑戦は極エメと比べられないほど苦戦した。

それはタイタンの方が強いというのも一因だが、それだけではない。

「旬」が過ぎているのも苦戦した要因だった。

そこら辺を掘り下げながら幻タイタン挑戦の軌跡を書いていきたい。

ワチャワチャする

幻タイタン戦は本当にワチャワチャする。

自分も吹き飛ばされるし、味方も吹き飛ばされる。フィールドではどこかで石が爆発しているし、元々狭いフィールドは時間経過と共により狭くなり、ヒーラーが油断するとすぐにタンクは死ぬ。

しかも、場外に吹き飛ばされると復帰不可という緊張感もやばいし、「練習」パーティならまだしも「コンプリート目的」で落下死してしまうと申し訳なさが半端なく「すいません」と速攻でコメントしたいけど、戦闘中にコメント書いてもそれはただの自己満足で、他の人の集中力を阻害する行為じゃね?って思ってしまってモヤモヤしながら戦闘を見守るあの時間も辛い。

f:id:Shachiku:20210117185327j:image

 ↑落ちている時間が妙に長いのも罪悪感を増す

 

何回か戦ってて思ったのは「ワチャワチャしている」という低い解像度で戦っている間は高難易度コンテンツでは勝てないという事。

FF14では基本的にどんな敵も決まった行動パターンしかしてこない(たまにイレギュラーが起こるけど。イレギュラーを起こすには基本自分含めたヒカセン)

ここでタイタンはマウンテンバスターしてくるからタンクを守って、ここでボムボルダーが降ってくるから床を見て避けて。なんか知らんけどDPSが死んでるからレイズして。

相手の行動と味方の動きをうまく脳内で処理すると「ワチャワチャしている」という感想は出てこない。タイタンの事を理解し、愛し、解像度を上げる事がなにより大事なのだと思った(一回でも死ぬと動きが狂ってワチャワチャしやすいから気を付けたい)

f:id:Shachiku:20210117183601j:plain

↑どうしてもみんなタイタンのお尻に張り付く事になるので、召喚獣がいると自分のキャラが見えない現象がよくある。

仕事が忙しい

緊急事態宣言が出たハズなのに、リアル社会での仕事が忙しい。6時出社、22時帰社が年明けからデフォになっている(ある意味電車はガラガラなのでコロナ対策になっているけれど)

通勤中に『クッキングパパ』読んでたけど、主人公の荒岩一味が夜まで働いて帰社して息子に料理作ってまた会社に向かうという体力お化けみたいな 事を平然としていて怖くなってしまった。このタイミングで読むべき漫画ではない。

ゲームで遊ぶって気力が必要な行為でもあるし、同時に気力が回復する行為でもあるので、FFで言えば「アスピル」に似ている。アスピルを使えばMPを回復するが、そもそもアスピルを使うMPがなければ使う事が出来ずアイテムを使うが、宿屋で休むしかない。そんな感じでゲームが出来ず家では寝るだけの日も多かった。仕事死ね!

僕も生まれ変わったら「いつ見てもTwitterで炎上している案件に対して大喜利している垢」になりたい。ここはただの愚痴です。すいません。

 

マッチングしない

これが本命。

幻タイタンが実装されたのは2020年12月8日のパッチ5.4「もうひとつの未来」からである。ソシャゲなど含めてオンラインゲームをしている人なら分かると思うが「熱は熱いうちに打て」が鉄板であり、ある程度攻略法が煮詰まり、上手い人が一回でもクリアして「コンプリート済み」に行ってない僅かな期間がボーナスタイムであり、我々のような下手クソでもクリアできる可能性は上がる(固定メンバーがいるなら話も変わるが)

しかし、今回僕が「幻タイタン」挑戦し始めたのが2021年の1月からであり、大体の人は「コンプリート済み」になってしまっている。

そもそもこの「幻蛮神討滅戦」自体が勝っても強い武器などを貰える訳でもないので他の高難度コンテンツに比べると人気がない。

19時から23時ぐらいの人が多いゴールデンタイムでも高難度コンテンツ自体の募集が100件超えているのに「幻タイタン」は0件の時も多々あるし、例えあったとしても「コンプリート済み」の人だけの募集が多い(貰える報酬が週制限あり、毎週クリアしないといけない為)

 

「旬」を逃すとクリアのハードルが大幅に上がる。

パーティ募集が少ないと例え「コンプリート目的」でバーティを募集しても「初見です!!」というあいさつと共に乱入してくるヒカセンも出てくるし、「もしかしてコンプリート目的が初見なのかな?」と思っていざ挑戦してみると最初のランドスライドで吹き飛ばされていき、「あーあ」と思ってしまったり。「あーあ」

 

パーティ募集が多いと今度は慢性的なタンク不足に悩まされる。

まじでこの「幻タイタン」はタンクに嫌われていて、パーティ募集が5件ぐらいあるのにどれもタンクだけいないという現象が普通に起きる。ただでさえタンクの数は少ないのにパーティ募集だけ数が多いから貴重なタンクが分散して揃わない。普通に1時間ぐらいに待っていても結局タンクが来ずにパーティ解散もあった。待っている間、暇なので『吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中 (ファミ通の攻略本)』を読んでいると

時間は誰にでも等しく流れ、個体差もなく、つねに平等だ。 これを有効に使うかどうかが、“差”になると考えるべきだろう。

 って書いてあって、お前のゲームのせいで時間を滅茶苦茶無駄にしているぞ「よしだぁぁぁぁぁーーーっ!」って気持ちになってしまった。

 

「旬」が過ぎたコンテンツに野良で挑戦する場合、少ないチャンスを勝ち取る運と実力が必要である。

 

そして…

幻タイタンに挑戦を初めて一週間。

ようやく、ようやく幻タイタンを倒せたぞ!!!!!!!!!!

f:id:Shachiku:20210117191150j:image

極エメの時もそうだったけれど、

クリアした時の達成感、完走感、解放感。

なんともいえないすがすがしいものがあった。

そしてチャット欄で「ギリギリでしたねw」「遂にやったーー」「落ちてすいません」など名前も知らない同じ目的をもった人達と喜びを分かち合い、後腐れなく解散する。

その距離感。

本当に好き。

 

勢いそのままに再びエデン再生編零式に挑もうとルンルンしながら攻略動画を見ると

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり僕にはむりぃ」

ってなりました。

今年も一年宜しくお願い致します。

2021年はギャザラーとクラフターを頑張ります!!!!!!