社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

FF14プレイ日記。幻タイタン挑戦と「旬」が過ぎたコンテンツについて

「落ちる」 FF14を始めたばかりの多くのヒカセンが「生き返れないの!?」と落下死にトラウマを植え付け、以後のボス戦でも落下死だけはしないよう気を付けてたのに普通に蘇生出来て「生き返るんかーい」ってなる例のボス。 タイタン。 そもそもブラックホー…

映画『銀魂 THE FINAL』感想。

三大人気作だけど結末を知らない漫画 『GTO』『らんま1/2』『銀魂』 (『犬夜叉』もランクインしてたけど、続編である『半妖の夜叉姫』が放送されて結末を知った人も多いので卒業)(僕の脳内調べ) 特に『銀魂』は彼が登場する回にハズれなしと言われた将ち…

FF14プレイ日記。人生初の高難度コンテンツクリアまでの軌跡。挫折と克服と諦め

FF14と言えば「大縄跳び」 ドラマ『光のお父さん』では最大の難関ツインタニア戦で主人公の光生が「大縄跳び」と言ったシーンがあったりもして、FF14の事は詳しく知らないけど、「大縄跳びで失敗した奴は放課後の学級会で吊し上げにあう」などの噂を聞いたこ…

ジャンプ漫画『SWORD BREAKER』感想。

『鬼滅の刃』の特徴 週刊少年ジャンプで連載していた グダグダ引き延ばす展開なく、最後までスピーディーに突き抜ける コロナの中、大ヒット 心優しき主人公 敵は人を喰らう残虐非道な存在だが、元々は人であり哀しい過去がある 敵のボスが己の手で自分達の…

アニメ映画『えんとつ町のプペル』感想。「作者と作品は切り離して考えるべき」は無理無理の無理

「作者と作品は切り離して考えるべき」 これは例えば人気作家がSNSで炎上した際に、俳優の逮捕が報じられた際に、毎回のように挙がる話題だ。 そもそも、作者の人間性と作品の質に関係性を見い出すのは、非常に困難である。 性格がどうしようもなくクソな人…

「M-1グランプリ2020」感想。マヂカルラブリーと標準語で関東芸人がM-1で勝つ方法

審査員も務めたナイツの塙さんが以前からこう言っている。 僕は、関東芸人はM-1で勝てないと思っています。ちょっと、言い過ぎかな。言い換えると、勝とうと思わないほうがいい。予盾するようですが、そう思えたら、チャンスはあるかもしれません。 言い訳 …

FF14プレイ日記外伝。ローソンコラボのFF14マンチョコと尊厳破壊について

いつものように仕事中にTwitterを眺めていた僕は12月15日からFF14とローソンがコラボして「FF14マンチョコ」というネーミングセンス0の商品が期間限定発売された事を知る。しかも、18スタンプためるとFF14のゲーム内で使える限定マウントもゲットできるらし…