社会の独房から

映画やゲーム、漫画など。

PS5『フォースポークン』感想。どれだけ開けても宝箱の中身がただの草や石

人の顔の解像度低すぎて主人公が大阪なおみにしかみえない問題 プラットフォーム PS5,Microsoft Windows ジャンル オープンワールドアクション 発売日 2023-01-24 価格 9600円 プレイ人数 1人 クリア時間 ストーリーだけで10時間前後。やりこむと50時間前後 …

令和のダイ・ハード!ドラマ『大病院占拠』感想

青鬼は菊池風磨 あらすじ 休職中の刑事が、クリスマス・イブの夜(クリスマス・イブの夜ではない)に妻が働く病院を訪れる。しかしそこに突然の大爆発。更に会場を鬼が襲撃。フロアが占拠され、妻を含めた病院スタッフたちが人質にとられていく中、彼は単身…

映画『レジェンド&バタフライ』感想。キムタク、50歳にして極まる

時代劇というよりラブストーリーもの あらすじ みんな死んでる 最近の織田信長といえば『麒麟がくる』で無邪気さと狂気を備えたサイコパス染谷将太の怪演だったり、『どうする家康』で本能寺の変でも普通に生き残りそうな圧倒的強者岡田准一だったりと個性豊…

映画『そして僕は途方に暮れる』感想。藤ヶ谷太輔は僕にとってのヒーロー

中学生の頃、2chで もし仕事に行きたくなくなったら、そのまま反対の電車に乗って、海を見に行くといいよ。 海辺の酒屋でビールとピーナツ買って、海岸に座って陽に当たりながら飲むといいよ。 ビールが無くなったら、そのまま仰向けに寝ころんで、流れる雲…

『ワンピースオデッセイ』感想。ワンピースのRPGとして物足りないが色々デカい

プラットフォーム PS5、PS4、XSX|S、Steam ジャンル RPG 発売日 23/1/12 価格 7,980円 プレイ人数 1人 クリア時間 約50時間 メーカー 開発イルカ ワンピースゲームと言えば前作の『ONE PIECE WORLD SEEKER』でスパイダーマンの操作性パクッてオープンワール…

ディズニープラスで配信されているドラマ『ガンニバル』がめちゃんこ面白い件

もしも人喰いするヤバい田舎村に暴力人殺し警官がやってきたら 「あんたら人間を喰ってる!」 都会から遠く離れた山間の“供花村”に、家族と共に駐在として赴任した阿川大悟。しかし、美しい村には、ある噂があった―この村では人が喰われるらしい…。やがて独…

『RPGolf Legends』レビュー。1+1=2だけで終わってしまったようなゲーム

RPGとゴルフの合体(クラブ1本でモンスターと殴り合う) プラットフォーム PS4/PS5 /NintendoSwitch/Xboxシリーズ/ Windows ジャンル アクションRPG 発売日 2022年1月19日 価格 パッケージ版:3300円、DL版:3000円(共に税込価格) プレイ人数 1人 クリア時間…

2022年の映画興行収入ランキングを見ながらグダグダ書く。映画館の生殺与奪の権は集英社が握りつつある

2022年の映画興行収入ランキングを見ながらグダグダと無責任に感想を書く。自分とは関係ない金や数字の話は純粋に楽しいからだ。 参考にさせて頂いたサイト。 2022年映画興収トップ10、邦画「ONE PIECE FILM RED」、洋画「トップガン マーヴェリック」が首位…

約1年通してゲロゲロ酔いながらバイオ8をクリアした話

三半規管クソザコオスオトナなのでゲームは好きだけどすぐに酔ってしまう。 頭の奥の鈍い痛み。胃の不快感。止まらない吐き気。一日が体調不良で終わる絶望感。 そんな僕がゲロゲロに酔いながらなんとかバイオ7をプレイしてたのも2021年の話。 www.shachikud…

TV番組『このテープもってないですか?』が問題作過ぎてヤバかった話

今回紹介するのは年末にBSテレ東で3夜連続で放送された『このテープもってないですか?』 概要は公式文を読んで貰うと分かりやすい。 今や保存されていない貴重な番組録画テープを視聴者から募集・発掘する当番組!当時の貴重映像をそっくりそのままお届け!…

2022年に発売された1巻&短編集で面白かった、オススメする漫画25選

2022年も終わりそうなので読んだ漫画の中で今年単行本1巻が出たばかりの「個人的これから来る(た)!」漫画を紹介していこうと思う。 鍋に弾丸を受けながら 鍋に弾丸を受けながら 1 (カドカワデジタルコミックス) 作者:森山 慎 KADOKAWA Amazon 「二次元…

映画『かがみの孤城』感想と原作との違いを解説

序盤のウレシノはもっと邪悪だからな 中学生のこころは学校に居場所をなくし、部屋に閉じこもる日々を送っていた。そんなある日、部屋の鏡が突如として光を放ち始める。鏡の中に吸い込まれるように入っていくと、そこにはおとぎ話に出てくる城のような建物と…

【ネタバレ】『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』感想。大佐はエピソード4ぐらいで子供を遊園地に連れていきそう

『アバター』が大佐映画だったのは自明だったけど、『アバター2』も大佐映画だった件 ジャームズ・キャメロン監督が革新的な3D映像を生み出し、全世界興行収入歴代1位の大ヒット作となった「アバター」の約13年ぶりとなる続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォ…

「M-1グランプリ2022」感想。ウエストランド井口「お笑いは今まで何も良いことがなかったやつの復讐劇なんだよ」

どうも、ワールドカップを見ている時はサッカー評論家、M-1を見ている時はウザいお笑い評論家になる社畜です。 2020年大会で「お笑いは今まで何も良いことがなかったやつの復讐劇なんだよ」と言ってたウエストランド井口が2022年大会で優勝して最後に「自分…

【ネタバレ】映画『MEN 同じ顔の男たち』感想と解説。同じ顔の男たちが同じ顔に見えない問題

終盤で「マジ何見させられてんねんコレ」2022年大賞受賞 『エクス・マキナ』『アナイアレイション』などの作品で知られるアレックス・ガーランド監督による最新作。 主人公は、夫の飛び降りを目撃してしまった女性ハーパー。 傷心旅行のために自然あふれる美…

【ネタバレ】映画『THE FIRST SLAM DUNK』感想。スラムダンクの映画としてこれ以上ない大傑作

僕にとってスラムダンクのTVアニメ版は友達もいなくてインドアだったので夏休みに流れていた再放送を∞に見ていたぐらいの思い出しかない。やたら長いコートと、バッシュのキュッキュッ音が印象的だったのは覚えている。しかし、映画の方は印象深い。 スラム…

ネトフリ『ウェンズデー』感想。ウェンズデーが社会性を獲得すると僕は血の涙を流す

アダムスファミリーというよりティムバートンによるウェンズデーを主人公したハリーポッター二次創作 映画やドラマを見ていて「この俳優はこの役をする為に生まれてきたのでは!?」とエゴイスティックに考えてしまうことがある。貴様もあるだろう。それぐら…

『すずめの戸締まり』新海誠監督が影響受けた、オススメしている作品

今もっとも勢いのあるアニメ映画監督といえば『君の名は。』『天気の子』そして『すずめの戸締まり』と大ヒットを続けている新海誠で異論はないと思う。 今回はそんな新海誠監督に影響を与えてきたり、オススメしている作品をまとめたので紹介していく。SF小…

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』に対する不満点。なぁ、オコエ聞け。

ワカンダ・フォーエバー!(エンチャントファイア添え) 『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』観ました。チャドウィック・ボーズマン追悼映画と言われ過ぎてチャドウィック・ボーズマンに思い入れがない僕が観ても面識の薄い叔父の葬式に参加してい…

【ネタバレ】映画『すずめの戸締まり』感想と解説。新海誠が描く震災と村上春樹のあの短編

行動力の化身すずめに踏まれたり座られたりする椅子(CV松村北斗)と、光のチャラ男(CV神木隆之介)と、闇深重たい叔母さんと、糞猫のロードムービー 『君の名は。』は彗星落下、『天気の子』は豪雨、『すずめの戸締まり』は地震。これらは新海誠監督による…

『ぼっち・ざ・ろっく!』感想。限りなく近く、極めて遠い"ぼっち”に

何もない人生を送ってきた。 異性との健全な交際、友人といえる存在の少なさ、仕事に対する情熱、肉体の鍛錬など、世間一般で考える人生の有意義な使い方をことごとく外して生きてきたのだ。 今更そんな生き方に後悔しないけど、眠る前の布団の中で、出勤中…

映画『窓辺にて』感想。稲垣吾郎とパフェとその関係性

『窓辺にて』という映画は、カメラワーク、ロケーション、インテリア、衣装……どの要素を見ても、眩いオシャレな質感に溢れている。 画面だけ見れば、パーフェクトで眩い光の結晶のようなシーンが続くが、登場してくるのは「妻に浮気されたのに怒りが湧かない…

うたプリSTを観たおっさんが「最上級の音」を目指して関西からトラウマのある東京に行った話

頭の中でざざざざざざざざと砂の音が聞こえたことはないだろうか。 ざざざざざざざざ これは映画『来る』でも有名な比嘉姉妹シリーズ長編3作目のホラー小説『ししりばの家』であった怪異の現象である。 ししりばの家 比嘉姉妹シリーズ (角川ホラー文庫) 作者…

【ネタバレ】映画『貞子DX』感想。川村壱馬くんの為だけのMX4Dライトを堪能して欲しい

ログインボーナス途切れると死ぬ世界 監督: 木村 ひさし 脚本: 高橋悠也 全国で「呪いのビデオ」を見た人々が突然死する事件が発生する。IQ200の大学院生である一条文華(小芝風花)は、妹がそのビデオを見てしまったことを知り、ビデオにまつわる謎の解明…

スターリッシュツアーズから入ったおっさんの『うたの プリンスさまっ マジLOVE2000%』感想

映画で初めて「うたプリ」に触れた僕は彼らのその踊りに、その歌声に、その佇まいに、その関係性に、そして何よりアイドル性に完全にドはまりしてしまった結果、TVアニメを見ることにした訳だが、1期の1000%が面白過ぎてそのまま2期を見始めた。9月末まで無…

【ネタバレ】実写映画『耳をすませば』感想。こんな雫は嫌だ!の欲張りセット

有給休暇を取る難しさを実感する映画 【監督】平川雄一朗(実写映画『約束のネバーランド』など監督) 読書好きな中学生・月島雫は、図書貸出カードでよく名前を見かけていた天沢聖司と最悪の出会いを果たす。しかし雫は聖司に大きな夢があることを知り、次…

【ネタバレ】『タイバニ2』感想。TIGER&BUNNYとして、ヒーローとしてその生き様

TIGER & BARNABYが完結した。完結してしまった。 TVアニメ『TIGER&BUNNY』はこれからも続くかもしれないが、ワイルドタイガーとバーナビーのバディTIGER & BARNABYはシーズン2で完結である。 本音をいうと、もっともっとこのバディを見ていたかった。 "虎徹…

【ネタバレ】映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ 』感想と解説。僕愛と君愛どちらから観るか

ポケットモンスター メガネ/黒髪ワンピース きみはどっちだ!? 原作:乙野四方字(ハヤカワ文庫刊) 『君を愛したひとりの僕へ 』(以下『君愛』) 監督:カサヰケンイチ 脚本:坂口理子 制作:トムス・エンタテインメント 『僕が愛したすべての君へ』(以下『僕…

2022年9月で印象深いコンテンツとか出来事。さようならテアトル梅田

9月末、大阪・北区茶屋町にあるミニシアター「テアトル梅田」が閉館した。 ミニシアターとは東映や松竹など大手映画会社から独立した小さな形態の映画館のことで「単館系」とも呼ばれる。 僕にとって映画館といったら実家から近かった「塚口サンサン劇場」派…

生まれて初めてペンライトを持参してうたプリSTを観に行ったレポ

自分語りから始めてもいいですか?OK?ありがとう。 僕には文化資本が欠如している。空っぽと言っていい。文化資本0おじさん。 実家が貧乏だったので旅行らしい旅行もあまり行けてないし、習い事なども皆無。 友達も少なかったので一緒に音楽ライブやキャ…