社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

ホラー色を吹き飛ばす我らがヒーロー!映画『シャザム』感想

マークストロングも博士って呼ばれてたし劣等感をバネに頑張ったんだろうけど、父と兄は髪の毛ふっさふさなのに自分だけ禿げ上がってるし…そりゃ嫉妬もするし闇落ちもするよねって話の映画『シャザム』の感想を書いていきます。 作品のカラーを変えるシャザ…

溢れ出る重量感『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』 感想

自然の猛威と戦う事は出来ない。ハリケーンが向かって来たら逃げなければならない。だがイエーガーに乗っている時はハリケーンと戦う事も出来るし、勝つ事も出来る。 これは私が大好きな映画『パシフィック・リム』の冒頭にある台詞だが、人間の英知の結晶で…

PS5が楽しみって話とソニーって宣伝下手では?って話

PS5の魅力 『State of Play』とは何だったのか 最後に マークサーニー氏がWIREDのインタビューで次世代プレイステーションについて言及しました。 まとめると 2019年の発売はない PS4と互換がある ディスクドライヴある 専用SSD搭載しており、…

【テレ東 けもフレ2巡り謝罪】最近の『けもフレ2』騒動で思うこと【過激な信者と冷笑系な無能】

概要 冷笑系の無能と過激な信者 概要 2019年4月15日にテレビ東京の重要なおしらせで 『けものフレンズ2』の放送に関しまして、弊社社員によるSNSでの発言の中で視聴者の方々を不快にする、不適切なものが含まれていました と言うけもフレ2のプロデュサ…

【3500円その価値は】switch『名探偵コナン スケボーラン 怪盗キッドと神秘の秘宝』感想

本作は,アニメ『名探偵コナン』劇場版シリーズの第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の公開を記念して制作された作品である所謂キャラゲーだ。 今回はこのゲームの感想を書いていくよ。 3500円のキャラゲー 3500円するゲームとしての面白…

最後の最後で全てがひっくり返る劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』感想

『劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が4月12日公開されました。シリーズ第23作にあたる本作は、怪盗キッドものにして、京極真が劇場版に初出演しています。キャッチコピーは「真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー」。舞台を…

劇場版名探偵コナンで本当に毎回「らあああああん」や「新一……」があるのか検証してみた。

劇場版名探偵コナンあるあるってありますよね。 「冒頭で紹介された建物が爆破する」 「阿笠博士の死んで欲しいクソ寒いダジャレクイズが必ずある」 など色々ありますが、ピンチになる蘭姉ちゃんによる「新一いいいいい」やふとした場面で新一を思い出し、「…

ツイッターで自分のツイートが検索で出てこない時の対処法

ツイッターでツイートしたのに何だか周りの反応が薄いなと感じる時ありませんか? もしかしてあなたのツイートは周りの人には見えていないのかもしれません。 そもそもあなたのアカウントを検索しても、存在していない人として表示されるかもしれません。 た…

初心者がブログを立ち上げてから3ヶ月経ったのでPV数など振り返ってみた

初記事が2019年1月2日なのでこのブログを立ち上げてから3ヶ月が経ち、収益化から1ヶ月半経ちました。 お正月が暇だったからという理由で始めたこのブログだったのにここまで続くとは思わなかったです。これもブログを読んでくださっている皆様のお陰です。…

クソな作品をクソクソ言いながら観るのって意外と楽しい話『けものフレンズ2』感想。

世間一般的につまらないと言われている作品ってありますよね。最近では平成最後のクソゲーと言われた『レフトアライブ』や平成最後のクソアニメと言われた『けものフレンズ2』などがありました。 確かに二作品ともつまらないと言われる理由がありまくる作品…

【レゴはレリゴーを超える】映画『レゴムービー2』感想

「自分らしく私らしく与えられた役割からの脱却」所謂レリゴー思想というのが存在する。 それは『シュガーラッシュオンライン』などのディズニーアニメでよくテーマにされる題材で今の時代のニーズに合っており、圧倒的「正しさ」がそこにはある。 そう「正…

FGOにおける嫌ならやめろは正論なのか

私も絶賛プレイしてたり休憩したりしている『Fate/Grand Order』ことFGOだが、プレイしていると色々文句の一つも出てくるゲーム及び運営だと思うが、それをいうと「嫌ならやめろ」や「文句言うならやめろ」「時間の無駄」と反発をくらうのをよく目にする。 …

スパロボにおける『機動戦艦ナデシコ 』テンカワアキト救済の歴史

『機動戦艦ナデシコ The Prince of Darkness』というアニメ映画があった。 テレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』の続編でありながら皮肉混じりのコメディタッチで描かれていたテレビ版の作風に比べ全体的にシリアスタッチで描かれてており、賛否両論起きた映画…

ゴムゴムアクションの真骨頂!『ONE PIECE WORLD SEEKER(ワンピース ワールドシーカー)』感想

ルフィになってスパイダーマンみたいに空中を縦横無尽に飛び回りたい!! キャラゲーだって洋ゲーみたいにオープンワールドで楽しみたい!! 恐らくそんな大志を抱いて作ったのだろう(本当か?)「ONE PIECE WORLD SEEKER(ワンピース ワールドシーカー)」 …

けもフレ2騒動を見て、自分の好きな作品がネットでフルボッコに叩かれていた時どうしたらいいのだろうか

映画やアニメなど作品を観て、感動をした気持ちをSNSで共有しようとツイッター開くと何だか凄く叩かれてて寂しい気持ちになったこと、人生で1度くらいはあると思う。 逆に自分はつまらないなと冷めた感じになったのにツイッターを見るとやたら大絶賛で困…

時代劇ではないがそこにあるのは確かな極上の大河ドラマ。NHK『いだてん』のススメ

NHK大河ドラマ『いだてん』 私はクドカンの大ファンという事もありこのドラマは開始前から要チェックしており、 実際に放送されてからも本当に面白くてハマっているのだが、 出演者のピエール瀧さんがコカインで捕まったり ネットでこのドラマを調べても…

一緒に行こうぜ!クソゲーというトンネルのむこう側へ!『LEFT ALIVE』(レフトアライブ)感想

『フロントミッション』シリーズと世界観を共有したステルスアクションゲームにして平成最後のクソゲーとSNSで叩かれまくった本作。 クソゲーとは「うんこのようなゲーム」という意味であり うんこと言っても色々な種類がある。 バグが酷くまともにゲーム…

映画『アリータ:バトル・エンジェル』感想!悲劇のヒロインは二度死ぬ

主人公が女性の場合、そんな主役に言い寄ってくる男性役にムカツク事ってありませんか?私はある。 特に戦闘員というわけではなく、本編中は基本的に主役の足を引っ張るような存在が、何だかんだ要所要所に輝くシーンがあり、そんな男に女主人公も段々と好意…

塚口サンサン劇場周辺でぼっち飯しやすいオススメのお店

阪急塚口 そこはかつて屋上に観覧車があったり、 ゲームショップがあったり カードショップがあったり ぼっちな学生でも楽しめる娯楽施設が多かったが どれもこれも潰れてしまい、今では阪急西宮の勢いに呑まれシャッター街になろうしている町。 ただ、そん…

【スチームパンク版ハイロー】『移動都市/モータル・エンジン』感想【ロマンの塊】

「何もかも飲み込み大きなキャタピラで走るロンドンの大聖堂から伸びる古代兵器の圧倒的破壊力」や「マッドマックスな世界に突如現れるやたら強いリーゼントヤクザ女」、「FF12とマッドマックスとトランプ政権が融合したスチームパンクな世界観」「スチーム…

実写映画『BLEACH/ブリーチ』感想

MIYAVIの鼻の穴が気になって物語に集中できないんじゃーないんだよ。 まさか、公開前に炎上していた杉咲花さんの朽木ルキアは意外と良かったのにMIYAVIさん演じる白哉が傲慢で偉そうな感じを出したかったためか、常に顔反らし気味だったせいで鼻の穴が…

パペット大捜査線じゃないよ、大騒査線 だよ。映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』ネタバレ感想。(ザ・下品)

下品。本当にPG12なのが信じられない程fu○kとクスリと砂糖に支配された『パペット大騒査線 追憶の紫影』 ちなみにPG12というのは「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」だと言う意味です。この映画をみると親は一緒に見た子供にど…

キャラゲーではなくコスプレゲー『JUMP FORCE(ジャンプフォース)』レビュー

あなたはバンナムのキャラクターゲームにどうようなイメージを持っているだろうか。 個性的であったり、手抜きであったり、キャラクターIP人気に依存し過ぎだったり、60点ゲー量産だったり、糞ゲーだったり人それぞれだと思うが、あんまり良いイメージ持って…

ドラクエ11の完全版商法が辛すぎて吐きそう

2月14日のニンテンドーダイレクトで、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 』(以下ドラクエ11s)の詳細が発表されましたね。ドラクエ11sの追加要素とその是非について書こうと思います。 追加内容 完全版商法の是非 完全版出る事の危惧 …

【たつき、けもフレ2騒動】アニメを「他人を叩く棒」にする鑑賞スタイルの是非【ハグプリ】

今のオタク総ツイッター時代、恐らくこの記事を読んでいるあなたもツイッターをやっていると思うが、アニメや漫画、映画などの鑑賞の前にツイッターを覗いてしまって、ツイッターの情報と感情の津波に自分自身も呑まれてしまった経験はないだろうか。 特に荒…

【終わらないもっこり、終わった昭和】アニメ映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』感想

冒頭の世界一色っぽい「もっこり」一体なに?とイキナリ予想外の感情の揺さぶられ方をしたこの作品。そう、『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』である。今作の感想など書いていく。 シティーハンターとは あらすじなど 昭和な空気と最新…

【10年ぶりの同窓会】映画『コードギアス 復活のルルーシュ』感想

私が最初に『コードギアス 復活のルルーシュ』の初報を聞いた時は正直、谷口監督、ついに気が狂ったのかと驚いた。なぜならコードギアスはルルーシュが全ての悪意を一身に引き受けて死ぬという圧倒的な綺麗な終わり方で幕を下ろしており、続編ならまだしても…

頑張らないFGOの遊び方【消極的FGO撤退作戦のススメ】

はじめに断っておきますが、この記事は「今、FGOにお熱!周回もやる気まんまんだぜ!」って人や、「FGO大好き!文句の一つも許さねー!」といった方々向けではなく、「最近、FGO君とは倦怠期。周回もやる気でない」、「FGO辞めたいけど今まで課…

[一眼レフ]なぜ私はこのタイミングでソニーのα7IIでフルサイズカメラデビューしたのか[ミラーレス]

カメラ選びは本当に難しい。特に私のような今までカメラにあまり触った事が無く、メーカーの拘りやレンズの拘りがなく、周りにカメラに詳しい人が皆無な人からすると選択肢が多すぎる。そんな私がなぜソニーのα7IIを選んだのかを書いていくのでカメラ選びに…

【池井戸潤版スマブラ】映画『七つの会議』感想

映画『七つの会議』観ました。エンタメ企業ムービーとして大変良かったので、感想など書いていきたいと思います。 映画『七つの会議』とは 参戦ファイター紹介 あらすじ 総評 映画『七つの会議』とは 2019年2月1日、池井戸潤の小説『七つの会議』を野…