社会の独房から

映画やゲーム、漫画など。

アニメ映画

【ネタバレ】アニメ映画『トラペジウム』感想レビュー。夢の為にここまで他人を踏み台にするのは清々しく美しい。

映画を観る前のこのポスターの印象→幸福の科学の映画かな 映画を観た後のこのポスターの印象→主人公が周りを踏み台にしているようにも見え、映画の趣旨を完全に表現している10000点!!!! 5月10日よりアニメ映画『トラペジウム』が公開された。原作はアイ…

原作を5話までしか読んでない人の『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』感想

『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』を鑑賞するにあたって、原作を無料期間中に5話まで読んで知っている手持ちのカード 影山の(高い運動能力、反射、自分の身体を操るセンス、そして勝利への執着、それらを持っていながら)を内心で思いながら「お前は3…

【ネタバレ】『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』感想レビュー。笑みが止まらない

映画だし流石にニコルの回想流れんだろ→2回も!? コンテンツにおける原初体験って大切だと思う。 僕にとって1話から50話までリアルタイムで全部見た始めてのガンダムが機動戦士ガンダムSEEDだった。結果、ガンダムで一番想い入れがあるのがSEEDシリーズであ…

谷口悟朗監督好きに見て欲しい『ブラッディエスケープ-地獄の逃走劇-』感想レビュー

変な「東京」でギミック兵器を操る改造人間が1人の少女を守る為にヤクザと不死身の吸血鬼組織から逃避しながら死闘を繰り広げる王道娯楽バトルアクション映画でそのジャンルで観たいモノが全部観れるので満足度高め。そして地面は割れる。 映画『BLOODY ESCA…

【ネタバレ】映画『アリスとテレスのまぼろし工場』感想と解説。

いやでもこの気持ち悪さで300館上映は無理があるってワーナーブラザース 監督・脚本を務めたのが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などの脚本で知られる岡田麿里。『さよならの朝に約束の花をかざろう』…

【ネタバレ】映画『しん次元! クレヨンしんちゃん THE MOVIE 超能力大決戦 〜とべとべ手巻き寿司〜』弱者男性が「頑張れ!」と言われて頑張れる訳ない

「この国に未来はない」なんてオトナの妄想だゾってキャッチコピー、メッセージ性強いなって思ってたけど、本編はそれ以上にメッセージ性強かった 映画「クレヨンしんちゃん」シリーズ初の全編3DCG作品『しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦…

【ネタバレ】ジブリ映画『君たちはどう生きるか』感想。これは糞映画である。間違いない

蓋を開けてみると 宮崎駿の説教1性癖99ぐらいの割合 「えっ!!ジブリ映画もう公開したの!!??」ってなっているあなた。そうです。2023年7月14日、本日公開されました。 映画『君たちはどう生きるか』は宣伝自体をやってないのだから、映画に対してアンテ…

【ネタバレ】劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』感想。コナン映画としての1つの頂

キールが本作のMVP過ぎるのでそろそろ報われて欲しい 映画プロデューサーの人がインタビューで「今年は、興収100億円を超えます!」と自信満々に言っていて「いくら国民的映画のコナンでも特典もたいしてつけてないのに100億なんて行くわけないだろ……」と…

『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』感想。永遠なんかないってコト!?

2022年の9月に何も知らない状態で『マジLOVEスターリッシュツアーズ』を観て感動 www.shachikudayo.com そのままテレビシリーズの『マジLOVE1000%』『マジLOVE2000%』を鑑賞し www.shachikudayo.com www.shachikudayo.com 更に生まれて初めてペンライトを…

映画『グリッドマンユニバース』感想。見たいモノ 全部を見れて こしぬかす

円谷プロダクションの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とするテレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』『SSSS.DYNAZENON』の2作品をクロスオーバーさせて描く劇場版アニメが公開された。 当たり前だが、本作はテレビアニメシリーズの履修は必須である。たまに…

【ネタバレ】『映画ドラえもん のび太と空の理想郷』感想。人が望むユートピア像って時代と共に変わるのか

懐古オタクなので冒頭でのび太くんの「ドラえもーーーーーーん!!!」からの「夢をかなえてドラえもん」が流れない寂しさに今でも勝てない。 誰もが完璧になれるという不思議な島を発見したドラえもんとのび太たち。そこで、完璧なネコ型ロボットのソーニャ…

映画『ブルージャイアント』感想。圧倒的アニメーション描写とEX-ARMエクスアームレベルのCG作画の交互浴

アニメ映画『BLUE GIANT』が滅茶苦茶良かった。 『けいおん』とか『ぼっち・ざ・ろっく!』を見てギターに興味を持つオタクのことを内心軽蔑していた僕がジャズバーに行きたくなるぐらい良かった。 『けいおん』とか『ぼっち・ざ・ろっく!』を見てギターを始…

映画『かがみの孤城』感想と原作との違いを解説

序盤のウレシノはもっと邪悪だからな 中学生のこころは学校に居場所をなくし、部屋に閉じこもる日々を送っていた。そんなある日、部屋の鏡が突如として光を放ち始める。鏡の中に吸い込まれるように入っていくと、そこにはおとぎ話に出てくる城のような建物と…

【ネタバレ】映画『THE FIRST SLAM DUNK』感想。スラムダンクの映画としてこれ以上ない大傑作

僕にとってスラムダンクのTVアニメ版は友達もいなくてインドアだったので夏休みに流れていた再放送を∞に見ていたぐらいの思い出しかない。やたら長いコートと、バッシュのキュッキュッ音が印象的だったのは覚えている。しかし、映画の方は印象深い。 スラム…

【ネタバレ】映画『すずめの戸締まり』感想と解説。新海誠が描く震災と村上春樹のあの短編

行動力の化身すずめに踏まれたり座られたりする椅子(CV松村北斗)と、光のチャラ男(CV神木隆之介)と、闇深重たい叔母さんと、糞猫のロードムービー 『君の名は。』は彗星落下、『天気の子』は豪雨、『すずめの戸締まり』は地震。これらは新海誠監督による…

うたプリSTを観たおっさんが「最上級の音」を目指して関西からトラウマのある東京に行った話

頭の中でざざざざざざざざと砂の音が聞こえたことはないだろうか。 ざざざざざざざざ これは映画『来る』でも有名な比嘉姉妹シリーズ長編3作目のホラー小説『ししりばの家』であった怪異の現象である。 ししりばの家 比嘉姉妹シリーズ (角川ホラー文庫) 作者…

【ネタバレ】映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ 』感想と解説。僕愛と君愛どちらから観るか

ポケットモンスター メガネ/黒髪ワンピース きみはどっちだ!? 原作:乙野四方字(ハヤカワ文庫刊) 『君を愛したひとりの僕へ 』(以下『君愛』) 監督:カサヰケンイチ 脚本:坂口理子 制作:トムス・エンタテインメント 『僕が愛したすべての君へ』(以下『僕…

生まれて初めてペンライトを持参してうたプリSTを観に行ったレポ

自分語りから始めてもいいですか?OK?ありがとう。 僕には文化資本が欠如している。空っぽと言っていい。文化資本0おじさん。 実家が貧乏だったので旅行らしい旅行もあまり行けてないし、習い事なども皆無。 友達も少なかったので一緒に音楽ライブやキャ…

うたプリを1ミリも知らないおっさんがマジLOVEスターリッシュツアーズを観て腰痛が直った話

マシュマロでこういうのを頂いた。 恥ずかしながらリアルでもネットでも人間関係が希薄過ぎる人生を送ってきた。 「○○の作品オススメです。観てほしい」みたいなこと他人から言われたの人生振り返ってもほぼほぼ初体験で、軽く感動してしまった訳なのである…

【ネタバレ】映画『夏へのトンネル、さよならの出口』感想

童貞の妄想ストーリーかと思いきや夢女子の匂い 監督:田口智久 制作 : CLAP 「ウラシマトンネルって、知ってる? そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入るの」「なんでも?」「なんでも。でもね、ウラシマトンネルはただでは帰してくれなくて…

映画『ONE PIECE FILM RED』は2回目、3回目鑑賞するごとに面白くなっていく説

Ado、めっちゃ歌う(感涙) 初見での『ONE PIECE FILM RED』の感想を書いた時、僕は みんな大好きシャンクスがメインの映画、そりゃ見るよという気持ちで映画館に向かったわけだが、「無」から沸いてきたシャンクスの娘こと、ウタが歌うシーンが長い。 観る…

【ネタバレ】映画『ONE PIECE FILM RED』感想。adoは歌い、シャンクスは動き、ヒグマの評価が上がる

Ado、めっちゃ歌う。 前作の『スタンピード』がオールスター勢揃いの所謂「お祭り」映画(notオマツリ男爵)だった。 www.shachikudayo.com 「お祭り」映画(notオマツリ男爵)は話題性が凄いが、その分一度でもやってしまうと次もオールスターを求められて…

『チェンソーマン』藤本タツキ先生が影響受けた、オススメしている作品【アニメ編】

テレビアニメ化も決まっている『チェンソーマン』など、今もっとも勢いのある漫画家といえば藤本タツキ先生で異論はないと思う。 前回、そんな藤本タツキ先生が影響受けた、オススメしている映画を紹介したが www.shachikudayo.com ホラー作品が多くて参考に…

【ネタバレ】映画『ゆるキャン△』感想。社会人作品観るのに向いてない

原作ファンとしてはこういう映画は原作最終回の数年後にやった方が良い企画じゃねと思ってしまう。傑作だけど変な気持ちになる。そんな社会人作品 ↑なんか後ろに重機あるけど、これはキャンプ場作りの分かりやすいイメージ図としてあるのであって、実際にな…

【ネタバレ】映画『バズ・ライトイヤー』感想。95年に公開され、アンディが観た設定は無理がある

『バズ・ライトイヤー』観てネコちゃんじゃなくバズのオモチャが欲しくなるアンディ、オタクの素質しかない。 ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作『トイ・ストーリー』シリーズに登場した、おもちゃのバズのルーツが明らかにされる長編アニメーショ…

【ネタバレ】映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』感想。悟飯とピッコロさん、その関係

鳥山明「悟空は子育てに興味がないんですよ、多分。父親としては完全に失格(笑)。働いてもいないですからね。悟空はただ強くなりたいだけで、他の本能はない感じなんですよ。だから興味のないことには本当に何の興味も示さない。きっと結婚も興味なかったん…

アニメ映画『犬王』感想。想像したより微妙。それでもヒットして欲しい理由

開こうぜ、感性の毛穴 監督は『四畳半神話大系』や『映像研には手を出すな!』の湯浅政明。 脚本をドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』の野木亜紀子、キャラクター原案を松本大洋、音楽を『あまちゃん』の大友良英、原作は小説『ベルカ、吠…

アニメ映画『バブル』はデッカイ画面で鑑賞しても傑作ではなかった

記事タイトルで完結してるから本文読まなくてもいいやつ。【監督】荒木哲郎 【脚本】虚淵玄 大樹連司 佐藤直子 アニメ映画『バブル』は、4月28日よりNetflixで配信され、5月13日より劇場公開された。「劇場公開より配信が先」という珍しい商業展開。 僕は劇…

これまでの30年とこれからの30年『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』感想

○○周年記念映画あるある。 オールスター&今までの要素全部入れ込むけど、尺が足りない&過去作の焼き直しで1つ1つがイマイチ物足りない奴。 【監督】 橋本昌和 『クレヨンしんちゃん』30周年おめでとうございます。1990年にコミック連載が開始、1992年4月…

【ネタバレ】劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』感想。米花町はクレイジーな街

早く新一は蘭にスマホをプレゼントしてあげてください。 原作やTVアニメの松田刑事はガラケーだったのに映画の回想だとスマホになっていたぐらい時空の流れが乱れているコナン世界の中で現役女子高生の蘭は未だにガラゲー。 新一からもらった大切な携帯電話…