社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

杖を握らなければ おまえを守れない 杖を握ったままでは おまえを抱き締められない 。FF14プレイ日記3

僕はついてゆけるだろうか チョコボのいない世界のスピードに(訳ようやくチョコボゲットした)

このゲーム色々脇道は多いけど、まずチョコボゲットする所まで進めた方が良いですね。チョコボのスピードに慣れるともう普通に走れない。

という訳で3回目になったFF14プレイ日記始めます。

 

VSタイタン戦!

ここら辺でクエストのお使いが単調に感じられ色々辛くなってきた。特にここからタイタン戦だ!その前に協力してもらう海賊の人達に認められる必要があるぞ!というパターンの連続で、こっちは世界を守ろうとしている冒険者だぞ!?と思ってしまう。切実に水戸黄門の印籠的アイテムが欲しい。

f:id:Shachiku:20190815010019j:image

認めて貰おうと色々クエストクリアした後に実はそいつが偽物で、更に本物からもクエスト依頼があった時は「正気か!?」と思ってしまった。 全体的に引き延ばしが酷い。

 

そういう事がありモチベが下がっていたのだが、同時にここら辺からオンラインパーティ戦の難易度が上がり、脳死だとクリア出来ないようになってきたので、白魔道士での立ち回りを一回一回勉強し、実践していくのが楽しくなってきた時でもある。

今までは取り敢えずタンク役にケアル打っているだけで何となくクリア出来たが、ここら辺からケアルだけでは間に合わず、ケアルラ、リジェネが必要になってくるが、無駄に打つとMPが足りない。貧乏性なのでエーテルはなるべく使いたくない。また、強烈な全体攻撃される事もあるのでタンク以外の味方も回復しないと駄目だが、優先順位つけないと、タンクがみるみるHP減る事もある。

 

そしてなにより大切なのがヒーラーである私が死なない事である。

私が死ぬとあっという間にパーティが崩壊する(経験談

なので私がダメージ受けないようになるべく敵から離れつつ、味方のHPを常に気をつけ、MP管理を適切に、たまには攻撃もする。

やることが多すぎる。

あと、責任が重大過ぎる

確かに、人から感謝されたいというクソザコ精神からヒーラー選んだけど、私の少しのミスがパーティの崩壊に繋がるの恐ろし過ぎる。チャット欄はいつでも謝罪の言葉用意してますよこっちわ。感謝どころの話ではない。

ヒーラー二人欲しい(切実)

 

そして本題、タイタン戦。

f:id:Shachiku:20190815010036j:image

最初は意外と攻撃力も低いし、余裕かなと思っていたらステージ外に落とされてそのまま即死ですよ。

即死て(笑)

最初は何が起こったのか分からず、間違ってステージから落ちたのかなと思って、再戦したら再び落ちて即死。

即死て(笑)

漸く落とされたという事に気付き、どれだけHP減らされても良いから落ちないようにステージのど真ん中を維持。これでタイタン戦完璧だわと思ったら今度は何だか岩石に囚われて動く事が出来ず、その間に味方は全滅してゲームオーバー。

これまでの反省を活かしつつ、タイタンさんのターゲットにならないように何とか動き、4度目で何とかクリア。

初見殺し多かったものの楽しかったですね、タイタン戦。

そしてストーリーはここから大きく動き出す。

 

VSガルーダ戦!

砂の家に戻ると、敵襲を受けており味方が大勢死んでいる。

お使いクエストで何度も話したあのキャラも死んでいる。

今まで生ぬるい空気で冒険していたFF14で感じる「死」という概念。

f:id:Shachiku:20190815010053j:image

私が救えたモノ、救えなかったモノ。辛く悲しい時間が流れるが私たちは立ち止まる事を許されない。

物語が動き出す音がする。

 

そして悲しさ癒えないままシリーズでおなじみのシド登場(声優が小山力也さんの為、滅茶苦茶イケボ)

f:id:Shachiku:20190815010100j:image

 そしてガルーダ戦。

噂では難しいと聞いていたが個人的にはそんなに苦戦する事なく倒す事が出来て(一回死んだけど)遂に動き出す帝国。かませ犬になるガルーダ。

 

恐らくこれから戦う事があるだろう帝国の切り札登場。

f:id:Shachiku:20190815010126j:image

 長かったFF14 新生エオルゼア編。漸く物語が動き出した。

これからどのような展開を見せてくれるのか大変楽しみだ。

 

前回からあんまり進んでいないのだが、正直に言うと最近、腰を悪くしてしまい座ってゲームを長時間すると痛くて痛くて辛いんですね。

初めての体験なので自分の加齢具合に落ち込みつつちょこちょこ進めています。

 

今回はここまで。また次回よろしくお願いします。

f:id:Shachiku:20190815012505j:image

 

www.shachikudayo.com