社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

ゴムゴムアクションの真骨頂!『ONE PIECE WORLD SEEKER(ワンピース ワールドシーカー)』感想

ルフィになってスパイダーマンみたいに空中を縦横無尽に飛び回りたい!!

キャラゲーだって洋ゲーみたいにオープンワールドで楽しみたい!!

 

恐らくそんな大志を抱いて作ったのだろう(本当か?)ONE PIECE WORLD SEEKER(ワンピース ワールドシーカー)

制作はワンピースゲームでおなじみのガンバリオンさん。

ワンピースならではのゴムゴムアクションなどやりたい事は分かるし、楽しめるけどここもっと調整して!!!というポイントも多い本作の感想を書いていくよ。

【PS4】ONE PIECE WORLD SEEKER

 

 

キャラゲーでもオープンワールドの時代

f:id:Shachiku:20190321100316j:plain

 

見える所はほとんどロードなしで自由にいけるオープンワールドを採用している。

本作の舞台となるジェイルアイランド。島は大きくはないが、街ごとにロケーションが変わり、飽きさせない。また、島の端端には素材や宝箱が隠れており、ルフィ特有のゴムゴムアクションでの移動も楽しさもあり、探索が楽しい。ただ、ここぐらいジャンプで上れやって思う所でも上れなかったり、カメラワークもあんまり良くないので大雑把に移動するのは楽しいが細かな調整はイライラする。

 

グラフィックもアニメ調でワンピースと相性がよく、本当に自分がルフィになって島を冒険している感覚になる。

ただこのゲーム、移動中がほとんどBGMが流れないのでゲーム操作中、無音タイムが多く静かなのがワンピースらしくない気もする。

 

まるでスパイダーマン、ルフィのゴムゴムアクション

 

あんまりスパイダーマンって書くと怒られそうな気もするが、今作の移動はゴムゴムのロケットによるワイヤーアクションが最高で、本作の一番の醍醐味って言っても良い。

 

この動画を見て、ゲームが好きな人なら見覚えあるはず、2018年に発売されたスパイダーマンである。

スパイダーマンはNYが舞台なのでコンクリートジャングルだけという広いけど狭いロケーションだったが、今作は島一つなので街の中や、木に上ったり崖にのぼったり、ワイヤーアクションでの風景が多彩だ。

 

ただ、正直スパイダーマンみたいに完成されている訳ではない。

ワイヤーアクションする場合、掴めるポイントが出るのだがそのポイントが少なく、また、出たり出なかったり不安定な為、行きたい所にいけない事も多い。

f:id:Shachiku:20190321102939j:plain
↑○では無く△が掴めるポイント。これが結構不安定

 

なによりもこちらの気持ちの良いワイヤーアクションを邪魔する要素がある。

それが雑魚兵による狙撃だ。

ルヒィはゴム人間なので本来銃は効かないハズだが、今作の雑魚兵は海楼石が埋め込まれた弾を使うため、一撃でルフィが怯む。

海楼石が埋め込まれた武器って超貴重で特に銃は映画でZ先生が使ったぐらいだったが、本作では末端の海賊でも使ってくる。

これが本当にイライラする。

なぜかと言うと本作の雑魚兵の狙撃はウソップも顔負けの百発百中で、こちらが気持ち良く飛んでいると必ず当ててくるし、何度でも当ててくる。しかも1度当たると怯むので移動が強制キャンセルになってしまう。これがまークソ。

しかも、こちらが気付く前から撃ってくるため、回避なんて出来ないし、相手もこっちがルフィだと気付く前から撃ってくる世紀末な島でもある。

 

この雑魚兵、今作で一番気持ち良く移動出来る高い建物が多いスチーム街にやたらと配置されているため、一番気持ち良い場所が全く気持ち良くない。

やはりコンクリートジャングルを駆け巡りたければスパイダーマンをやれという事なのかな。

f:id:Shachiku:20190321104441j:plain

 

シンプルで大雑把な戦闘システム


ジャンプ漫画ゲームと言えばバトルである。

今作は

ロックオンはあるが、ロックオンとして機能してない

敵が倒れてから起き上がるまで無敵時間が長い

攻撃を途中でキャンセルできない

戦闘中は戦闘エリアが発生するが範囲がせまく壁も無いため、追撃している内にエリア外に出てしまいミッション失敗になってしまう

f:id:Shachiku:20190321105426j:plain

↑ミニマップにある白い○が戦闘エリアだ

 

敵も中盤ぐらいから攻撃力がインフレするが、スキルや装備を揃えると基本的に温い。

ただ、飛び回る敵が増えるのでロックオン出来ない本作では色々ストレスがたまる。

 

また、上記で書いたゴムゴムのロケット含めてスキルを解放しないと使えないのだが、正直こんな要素最初から解放してても良くない!?と思ってしまう。特にゴムゴムのロケットなんて本作の醍醐味なのに、覚える前にクソゲーだと判断されてしまうのは悲しいし、初期だと宝箱開けるのも遅い

確かにスキルを上げて強くするのは楽しいがもう少し初期能力あれば良かったかも

f:id:Shachiku:20190321110236j:plain

 

まるで映画!ここが泣けるんすよ!

本編をクリアするだけなら大体10時間ぐらいなのでさくっと出来る今回のお話は、尾田先生がデザインしたヒロインのジャンヌと敵のアイザックが深く話しに関わってくる。

f:id:Shachiku:20190321144314j:plain

序盤は島の探索がメインで話は薄いが、後半から盛り上がってくるし、最後は感動的な終わりになっており、FILMシリーズの映画を一本観た後のような満足感がある。

 

また、ゲームというお祭りなので海軍の大将の出番や、バキーやクロコダイルの再登場にかませ犬になったルッチ。原作のオマージュ的なシーンなど、シリーズのファンなら色々楽しめるようになっている。ただ、あくまでおまけみたいな参戦なので過度な期待はしないように、特に黄猿とかお前本当に何しに来たんだよってツッコミ入れたくなるほどでる。

 

個人的には赤犬とサボとルフィと絡みという本編で早く見たい光景をいち早く見れて興奮しました(サボはまぁFILM GOLDと役割がほとんど一緒でしたが)

 

難点はフルボイスではなく一部でしか喋らないということ。しかも、本当に一部しかボイスはないので声優好きとかの人にはあまりお勧めできない。

また、プレイアブルキャラクターがルフィのみで、仲間が戦っている姿もほぼ見たいのでそこもアレな要素ではある。

f:id:Shachiku:20190321150457j:plain

↑モブキャラのバリエーションはビックリするほど少ない

 

 

最後に

傑作ではないが怪作

オープンワールドゲームとしてみてもキャラゲーとしても妥協している所や、作り込みが今一歩な所は多いが、やりたい事はよくわかるし、移動が楽しくストーリーも良いのでワンピースファンなら楽しめる出来だと思います。

 

今作、今の所あんまり売り上げが良くない香りがするが、ガンバリオンさんは今回が初オープンワールドゲームだと思うので、今作を礎にシステムを改善した次回作があれば傑作になる匂いがするし、諦めず作り続けて欲しい。

 

今作は例えるならば戦争編におけるコビーなのだ。

未熟で荒削りな所もあるが安易なキャラゲーではなく勇気を出してオープンワールドに挑戦して、いま売り上げ不振や低評価から赤犬バンナム)に殺されそうになっているコビー(ワンピース ワールドシーカー)を救うのは誰だ!誰がシャンクスになるのか。そうこの記事を読んでいるあなたがこのゲームを買って赤犬バンナム)を止めるシャンクスになるんだよ(ドン!!

 

f:id:Shachiku:20190321150858j:plain

↑こんなスマした顔をしているが今作で一番のかませ犬ルッチを見ながらこの記事は終わります。