社会の独房から

映画やゲーム、小話など。

【体験レポ】大阪梅田のオススメサウナ。大東洋のススメ

サウナ先進国大阪の2大勢力ニュージャパン梅田と大東洋。

ただ、どうしても所謂昭和サウナに分類される老舗だけに老朽化は否めない大東洋。

運営会社はもともとパチンコ屋のようなんですが、会社のホームページによると温泉を掘削したのは1995年とありますから、サウナのほうは20年近くやっていることになりますね。

だだし、風呂場は細かいアップデートを繰り返しており侮れないです。

今回はそんな「大東洋」のサウナ体験レポです。

f:id:Shachiku:20191104162038j:image

 【大東洋】への場所と行き方

住所は大阪府大阪市北区中崎西2丁目1−9 中崎 観光ビル「大東洋」です。

 体験レポ

f:id:Shachiku:20191104162436j:image

入り口の目印はこれ。


f:id:Shachiku:20191104162439j:image

 エレベータで5Fに突撃。ちなみにカプセルホテルもやっているので大阪近辺に旅行にくる事があったらここに泊まるのも良いと思いますが、施設は全体的に古いです。

料金設定は60分以内1100円。それ以上は2100円です。ここも後払いなので、じっくり自分の体調と相談しながらサウナ活動なされると良いと思います。

ロッカーで着替えを済ませサウナパンツを着用するシステムですが、受付時にそんな説明はなく、また指定されたロッカー室の場所が悪ければ、浴槽に行こうとすると受付を横切る必要があり、サウナパンツの事を知らないと裸のまま受付を横切り、スタッフから注意されて恥ずかしい思いをします。注意しましょう。

 

サウナは、90℃のロッキーサウナ、70℃のフィンランドサウナ、50℃のミストサウナ、0℃のペンギンルームの4種類と充実のラインナップ。

ロッキーサウナは、スタッフによるロウリュサービスに加えて、一定間隔でサウナストーンに自動的に水を注ぎ込む全自動ロウリュシステムを採用しているため、気持ち良い汗をかけます。

一方、フィンランドサウナも、滞在期間中は中々珍しいセルフロウリュができるようになっていました。マナーとしてロウリュする時は他のお客さんにも一言かけてから行いましょう。暗がった室内でマイペースに良い汗をかかせてもらいました。また、備え付けのテレビがフィンランドっぽい映像を流していたのも雰囲気作りとして完璧でした。

 

変わり種の0℃のペンギンルームは冷蔵庫に入っているような感覚でサウナ後の火照った体には気持ち良かったです。水風呂が苦手という人にもオススメ出来ますね。

水風呂は、13℃と21℃の2種類に加えて珍しい甕型の1人用水風呂もありました。

21℃の水風呂ってあんまりないので、水風呂初心者にもオススメな施設だと思います。

サウナ室前にはベンチ、椅子、デッキチェアが並べられた休憩スペース(整えスペース)が設置されていて、外気浴もできます。近くにはウォーターサーバーと冷水機も設置されているため水分補給も問題なしで快適です。

後、ちゃんとした大浴場などもあるので風呂目的だけでも気持ちよくなれますね。

 

最後に

 良かったです大東洋。冷たすぎる水風呂が苦手な人や水風呂未経験者の人にもオススメ出来るので、是非「サウナと水風呂」のコンボを決めてトランス状態になってみたいと思っている人の登竜門にして超次元の大東洋を一度行ってみてはいかがでしょうか。